このページは袴田事件に関する最新のニュースを掲載しています。

過去の記事などはそれぞれのページをクリックしてご覧ください

2016 7月8日第三回三者協議

     12時15分 高裁前宣伝

2016 5月24日 三者協議 

      12時15分 高裁前宣伝

      13時30分 高裁要請

      14時30分 高検要請

   

2016年2月1日三者協議行われる

DNA鑑定の見通しすら不明

2015 9月3日 三者協議に合わせて、東京高裁前宣伝、要請行動行います

袴田事件の即時抗告審は1年半も経過しようとしているにも拘わらず進展がみられないことから、下記のように検察主張に引っ張られる東京高裁への要請、宣伝行動を大々的に行う事が決まりました。次回三者協議の行われる9月3日は12時45分からの宣伝行動に続いて、高裁と高検に要請を行い、17時半からは弁護士会館で弁護士による報告集会が行われます。
 宣伝・要請・報告集会への参加をお願いします。

検察意向のDNA鑑定実施か!

2015年 8月13日、東京高裁で袴田事件の三者協議が行われ、それに合わせて宣伝行動と高裁への要請を行いました。
 三者協議では、検察が執拗に主張するDNA鑑定の検証実験
について、弁護側は再現不能なので実施に反対でしたが、裁判所は実施の方向を示し、次回三者協議で今後の方向が決まると思われます。
 この日の行動には、神奈川から3人が参加しました。

2015 7月10日 即時抗告審三者協議開かれました 次回は8月13日に決まりました

2013年9月13日に行われた三者協議の結果を掲載しました。 こちら

2013年3月1日に行われた三者協議の結果を掲載しました。こちらへ

2013年1月28日に行われた鑑定人尋問について掲載しました。詳しくはこちら

即時抗告審三者協議 DNA鑑定を巡って対立続く

袴田事件の即時抗告審の3者協議が7月10日行われ、これに合わせて救援会など支援団体は裁判所前で宣伝を行い、高裁と高検へ要請を行いました。
 弁護団によると、三者協議で弁護側は「高検が提案する方法は科学的な正当性の裏付けがなく、著しく不合理な方法」と主張し、その実施に反対し、実施するかどうかの結論は出なかったとのことです。
 次回三者協議は8月13日(木)で、救援会はこの日も宣伝と要請を行う予定ですので、支部からの参加をお願いします。

◇ 袴田秀子さんから新年のメッセージ

袴田巌さんの姉・秀子さんから以下のメッセージが救援会に届きましたので紹介します。

 

国民救援会のみなさんへ

 

 長年にわたる皆さんからの、弟巌の再審開始に向けたご支援に感謝申し上げ、署名活動をはじめとした多くの取り組みに敬意を表します。

 また、昨年は全国各地で開催された様々な集会にお招きいただき、多くの皆さんからの激励をいただきました。本当にありがとうございました。

 ところで、一昨年12月に出されたDNA鑑定結果は、巌の無実をなおいっそう確信できるものであり、闘い続けてきた今、肩の荷が少し軽くなったような気がしています。

 これまで再審開始への期待を抱いてきた場面がありましたが、今回のDNA鑑定結果は第二次再審請求審の山場ととらえ、今一歩の闘いと心を引き締めています。

 巌はこの「5点の衣類」が発見された直後から「犯人が動き出した」と手紙に書き、ねつ造証拠であることを見抜き、無罪判決を確信していました。

 しかしながら、裁判官は真実を見抜くことをせず、巌への不当な死刑判決を覆さず、日々死刑執行の恐怖におびえる獄中生活を強いています。

 そうしたことから巌はこの2年間、一切の面会を拒否し、死刑執行の恐怖に耐えられず、心を閉ざしてしまっています。

 私にとっての46年間は「負けてたまるか」と盆も正月もなく、巌の雪冤を果たすため頑張りぬいて闘ってまいりました。

 どうぞ今年こそ再審を開始させ、身柄の解放を闘いとるため、皆さんからのなおいっそうのご支援をお願いし、併せて皆さまにとって幸多い1年となりますよう祈念し、新年のあいさつとさせていただきます。

 

2013年正月

袴田ひで子